温泉について詳しく知りたいならこのサイトで知識を深めましょう! !

 

温泉とは

わが国には、3000カ所を超える温泉地があり、非常に多くの人々が「温泉」を利用しています。

ところで、温泉というものは何によって定義され、その基準がどのようなものなのかしっていますか?。

日本では、昭和23年に制定された温泉法により、”温泉”とは「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、別表に掲げる温度、又は物質を有するもの」と定められています。

したがって、地中から湧出する際の温度が、25℃以上であれば無条件で温泉ということになり、また、25℃未満であっても別表の物質(19種類のうちいずれかひとつ以上)の条件をみたせば、温泉ということになります
日本の冬といえばやっぱり温泉ですよね。

1,温度

温泉源から採取されたときの温度 25℃以上

2,物質

(下にあげるもののうち、いずれか1つ以上)

物 質 名

含有量(1s中)

溶存物質(ガス性のものを除く)         

総量1,000r以上

遊離炭酸(CO2)   

250r以上

リチウムイオン(Li+)

1r以上

ストロンチウムイオン(Sr++)

10 r以上

バリウムイオン(Ba++)

5r以上

フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++)

10r以上

第一マンガンイオン(Mn++)

10r以上

水素イオン(H+)

1r以上

臭素イオン(Br’)

5r以上

沃素イオン(I’)

1r以上

ふっ素イオン(F’)

2r以上

ヒドロひ酸イオン(HAsO4’’)

1.3r以上

メタ亜ひ酸(HAsO2)

1r以上

総硫黄(S)〔HS’+S2O3’’+H2Sに対応するもの〕    

1r以上

メタほう酸(HBO2)

5r以上

メタけい酸(H2SiO3)

50r以上

重炭酸そうだ(NaHCO3)

340r以上

ラドン(Rn)  

20(百億分の1キュリー単位)以上

ラジウム塩(Raとして)    

1億分の1r以上


注目サイト

心斎橋のエクステ専門店
ポイントカードシステム
相続 弁護士 大阪
▲ページTOP

ホームに戻る
適応症と禁忌症
泉質について
泉質の種類
泉質の種類2
Copyright(C) 温泉博士 All Rights Reserved.